バルクオムの正しい使い方!大切ポイントは洗顔方法にあった?!

どんなに機能的な洗顔料やスキンケアアイテムであっても、使い方を誤ってしまうと十分な効果を得られないどころか、逆に肌にダメージを与えてしまうことがあります。
もちろん、メンズスキンケアアイテムのシリーズとして大人気のバルクオムだって例外ではありません。
バルクオム22
そこで、ここではスキンケアの中でも特に重要な洗顔の正しい方法についてご紹介したいと思います。
正しい使い方でバルクオムの実力をフルに発揮できるようにしましょう。

 

◆バルクオムの正しい使い方をご紹介!

それでは順序立ててバルクオムを使用した正しい洗顔の方法をご紹介します。

 

1. ぬるま湯で顔全体をぬらす

いきなり洗顔料を顔に塗ってしまう…という方もいらっしゃるかもしれませんが、これはNGです。まずはぬるま湯で顔全体をぬらしましょう。水でも問題ありませんが、少し暖かいお湯を使うことによって、より高い効果を得られます。

 

2. 洗顔料をしっかりと泡立てる

バルクオム23
しっかりと顔をぬらしたら次に適量の洗顔料を手のひらに取って、十分に泡立てましょう。両手で優しくこするだけでもバルクオムの洗顔料は泡立ちますが、泡立て用のスポンジなどを使用するとよりきめ細かな泡になるので、さらに大きな効果を期待できます。

 

3. 顔全体に泡を塗るように広げる

バルクオム25
十分に洗顔料が泡立ったら、その泡を顔全体に優しく広げましょう。この時に注意しなければならないのが、無理にこすらないことです。泡を顔の上で転がすような感覚で広げると良いでしょう。

 

4. 泡をきれいに洗い流す

顔全体に泡をしっかりと広げたら、あとはきれいに洗い流してください。実はここがとても重要なポイントです。必ず、すべての泡が落ちたのかを確認するようにしましょう。バルクオム24

 

以上が洗顔の手順となります。洗顔後に、バルクオムの化粧水を使用するとさらに高い効果を期待できるでしょう。

 

◆正しい洗顔法を守らないとどうなる?

では、ここでご紹介したような正しい洗顔方法を守らなかった場合、どうなってしまうのでしょうか?

 

さまざまな状況が考えられますが、最初に挙げられるのが肌に必要な脂分まで落とされてしまい、乾燥肌などの原因になってしまいます。洗顔後に肌が突っ張ったり、ひりひりした…という経験はありませんか?これは洗顔によって必要以上に肌の脂分が失われてしまったことが原因です。
バルクオムの洗顔料を使用する場合も、強くこすりすぎるとこういったトラブルが起こってしまいます。
バルクオム26
また、しっかりと泡を落とさないままになると、顔ダニやカビなどのエサになりさまざまな肌トラブルを引き起こしてしまいます。この点にも注意しましょう。

 

正しい洗顔法を一度身に着けることができれば、それほど手間もかかかりませんし、より高い効果を得られます。
使用を開始する前に、しっかりと正しい洗顔方法を頭に入れておきましょう。